きものひろ
ホーム お問合せ
商品のご案内
打掛
黒留・色留
振袖
訪問着・附け下げ
小紋・紬
卒業式袴
お宮参り・七五三
ご挨拶
お得情報
レンタル
買取り
ショップのご案内
Q&A
お問合せ
きものひろ
目黒区碑文谷5-2-5
日産ショールーム3F
TEL. 03-3713-5533
FAX. 03-3793-1396
e-mail. info@kimono-hiro.com
お宮参り・七五三
大切なお子様の人生儀礼、お宮参り・七五三

お宮参り
「初宮参り」とは、親子共々出産という大事を、神さまのご加護によって無事に終えたことの奉告と子供の健康とすこやかな成長を祈り、そして今後のご加護をお願いするために神社や氏神様へ参拝する人生儀礼の一つです。
地方により多少違いがあるようですが、普通は男児が生後三十二日目、女児が三十三日目に参拝するのが習わしです。
祝い着は、男児がかぶとや勇壮な鳥などが描かれた紋付を使用し、女児は華やかな色使いの古典柄の晴れ着を用いるのが伝統的です。

七五三
男の子は五歳になったとき、女の子は三歳と七歳に、これまでの健やかな成長とこれからの幸せを願って神社におまいりする行事です。現在では11月15日前後の日曜日にお参りする場合が多いようです。お子様の装いは次のとおりですが、ご両親の装いについては、主役となるお子様を引き立てるように地味目のもの―父親はダークスーツ、母親は和装なら控えめな色柄の訪問着か色無地といった準礼装―がふさわしいでしょう。

三歳の祝い着(女の子)
古くは「髪置の儀」に由来します。お宮参りに着た一つ紋付の祝い着を仕立て直す場合もあります。まだ体つきも幼く、足物もおぼつかないので、手早く着せられ、お子様にとって楽なものが良いでしょう。

五歳の祝い着(男の子)
「袴着の儀」に由来します。

七歳の祝い着(女の子)
子供用の着物の付紐を取り、帯を結べるまで成長したことを祝う儀式に由来します。ですから本来は帯を結ぶのが正式なのですが、現代ではつけ帯が一般的となりました。着付けもそれほど難しくなく、お子様にも楽に来ていただけます。
バッグや草履、はこせこ、末広など必要な小物類もありセットでそろえるとなると結構かかってしまうものです。しかも、お子様の成長も早い時期ですから、せっかくそろえても以降使う機会がなかなかないことも考えられます。ひろでは、上質な祝い着と小物類を全てご用意いたしております。着付けについてもご相談いただけますので、心配なくお祝いの日を迎えることができます。

男児祝い着
兜柄
格調高いお祝い着です
女児お祝い着
染めのきもの
正絹高級本染友禅
格調高いお祝い柄
ページトップ
COPYRIGHT(C) 2006 KIMONO HIRO.ALL RIGHTS REASERVED.